平成6年2月、あかねの会は、知的障がい児・者の自立を目指し、働く場と生活の場を作ろうという趣旨で、発足しました。言葉の理解・コミュニケーション力をつけ、将来の就労に結び付けられる様、言語教室を開設。平成8年11月に「あかねの会」として発足し、余暇利用・体力作りのために、音楽教室・水泳教室・スポーツ教室を開設し、就労した人達の学習の場である社会学習教室も開きました。平成12年4月には、一般就労を目指す人達、一般就労が続けられなくなった人達を対象に、社会で生きていける力をつける教育の場としての作業所(自立訓練室)を開設しました。平成20年4月に、就労支援室(就労移行事業・就労継続支援B型)として再スタートし、更に企業就労を目指しています。
また、会の活動をより充実させていくために平成13年9月には、特定非営利活動法人(NPO法人)となり、就労を支える生活の場としての、「グループホーム」事業を平成13年12月に開始しました。
平成18年3月には、社会福祉法人格を取得し、知的障がい児・者が地域で当たり前の生活を送れるように支援しています。
「障がい者を納税者に」を合言葉に、障がいがあっても社会の一員として国民の義務を果たし、心身共に豊かに生きていって欲しいと願っています。

あかねの会 あゆみ

社会福祉法人あかねの会
理事長  吉田 由紀子

あかねの会 あゆみ
あかねの会 あゆみ
あかねの会 あゆみ
参加者募集 ガイドヘルパー詳細 水泳クラブ詳細

ツイッター